埼玉県三郷市 内科,麻酔科(ペインクリニック),リハビリテーション科 たけうちクリニック
HOME
クリニック紹介
内科
麻酔科
リハビリテーション科
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)
生活改善薬
過活動膀胱
診療時間・アクセス
関連リンク
お問い合わせ
Information

麻酔科

麻酔科

麻酔科では痛み治療を主に行っております。当院では日常生活で起きた短期的な痛みから、慢性疼痛、原因不明の痛みまで、幅広い痛みに対して診断、治療を行っています。

特に近年、難治性の慢性疼痛のメカニズムに対する研究が進んできており、痛みの原因は知覚神経のみでなく、交感神経なとの複雑な動きによる痛みの悪循環や、精神的ストレスなど心因面も痛みを増強することなどが判明してきています。

当院では多角的な面から疼痛治療にあたっています。

治療方針

  • 症状に応じて最適な各種ブロック注射を行います。
  • 各種ブロック注射に加えて、各種物理療法を併用します。
  • 必要に応じて投薬治療も行い、心身面からの痛み治療も行います。
  • 近年注目を浴びている、筋肉の痛みの治療も行います。(詳細は筋筋膜性疼痛症候群を参照)

それぞれのブロック注射の解説は、こちらのページをご覧ください。

適用疾患

  • 一般に以下のように言われている痛みを伴う疾患
    • 顔面神経痛
    • 片頭痛(星状神経節ブロックが著効します。是非ご相談ください。)
    • 五十肩
    • むちうち症
    • 三叉神経痛
    • 腰痛症(ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など)
    • 坐骨神経痛
    • 変形性膝関節症
    • 帯状疱疹 単純ヘルペス
    • 痛風の痛み(ブロック注射が著効します。当日に歩けることもよくありますので、是非お試しください。)
    • テニス肘
  • その他、原因が明確でない上肢、下肢の痛み全般

痛みに対する主な治療法

経過、症状に応じて、下記の治療法を組み合わせて実施いたします。

治療例

帯状疱疹

治療風景右の写真は、硬膜外ブロックの施術中のものです。この患者さんは、左大腿部に広範囲に帯状疱疹を発症していました。

帯状疱疹は、本来ウィルスが原因の皮膚科の疾患ですが、激しい痛みを伴うので有名な病気です。当院で硬膜外ブロック3回の処置で、ほぼ完治しました。

皮膚科の疾患なのに、ブロックで完治することは不思議に思われるかもしれませんが、実際に痛みをとることによって局所の緊張を和らげて血流をよくしてあげることで自然治癒力が増すのです。また、当院ではもちろん皮膚科で行われる投薬や塗り薬なども処方することができます。

帯状疱疹の治療には、ブロック注射が著効します。短期間で楽になりますので、ぜひためらわずにペインクリニックにご相談ください。
 

 

頸椎捻挫

 鞭打ち治療風景                              

左の写真は、トリガーポイントブロックの施行例です。 この患者さんは、当初鞭打ち症で当院に来院しました。最初は首の前面に痛みを訴えられていたので、SGB (星状神経節ブロック)で治療していましたが、その後首の後ろ、肩、背中と痛みが移ってきました。

 頸椎捻挫によって引き起こされた筋筋膜性疼痛症候群と診断し、それぞれ痛む場所にトリガーポイントブロック    を施行しました。

 今では痛みの範囲がごく小さくなり、ほとんどよくなっています。痛むところに局所麻酔を打つこと、筋肉のトリガーポイントをリリースすることによって難しいむち打ち症の治療も短期間によくなります。

また、慢性の疼痛には、従来使われていたNSAIDと呼ばれる鎮痛薬だけでなく、疼痛をやわらげる効果のある抗うつ薬、筋肉の緊張やけいれんをとめる作用のある抗てんかん薬、そのほか 神経の興奮をしずめる作用のあるリリカ、がんなどの激しい痛みをやわらげることもできるトラムセットなどの認可したばかりの新薬や、さまざまな漢方薬を組み合わせて投与するなど、当院独自の工夫をして治療にあたっております。ぎっくり腰のような急性の激しい痛みも、この治療で早期に日常生活にもどることができます。

交通事故などで痛みがこじれて長引いている方も、ぜひご相談ください。損害保険による治療もおこなっております。当院では最適なブロックや投薬を組み合わせ、患者さんに優しい治療を心がけています。

 

 

五十肩

この写真の患者さんは五十肩の治療例です。 

 

50肩には、結晶誘発性の急性関節炎(関節の中が石灰化しているもの)もありますが、多くの患者さんは筋肉に故障を抱えています。

肩周辺の筋肉が何かのきっかけでけいれんを起こし、硬くなって激しく痛み、動かなくなっています。

放置しておくと、動かないまま可動域が狭まってしまい、上にあるものがとれないまま痛みだけがなくなってしまった、など非常に不便なものです。

また、長く続く痛み(通常1年半くらい続きます。)のために精神的にうつ状態になってしまったりすることも珍しくありません。

当院では、硬くなってしまった筋肉にTPBで刺激を与え、低周波でリハビリを行い、筋肉の可動域を広げる漢方薬を出すなど、さまざまな工夫をしています。

できるだけ早く患者さんの苦痛を取り除くように心がけています。

 肩こりで悩んでいらっしゃる患者さんにも、同じように治療しています。単なる肩こり、軽い腰痛と片付けず、気軽にペインクリニックの門をたたいてください。